筋トレで使えるサプリメント【グルタミン】の効果は?

サプリメント
この記事は約4分で読めます。
クレアチンの効果や飲み方。【筋トレオススメサプリその⑧】
クレアチンの効果や飲み方。【筋トレオススメサプリその⑧】では、効果が高く筋トレにオススメなサプリ、クレアチンを飲み方やデメリット含め紹介します。

サプリメントの方も色々と書いてきました。
サプリはあくまで補助!三大栄養素、五大栄養素が一番大事!とずっと言ってますが!
それでもサプリは色々と試すのが楽しくて買っちゃいますよね…。

さてそんな中、今回は私もしばらく使っている「グルタミン」について書きたいと思います!

スポンサーリンク

筋トレで使えるサプリメント【グルタミン】とは?

「グルタミン」とはアミノ酸の一種で、体内で合成出来る為「非必須アミノ酸」ですが、
様々な影響でストレスが強い時は不足する場合もある為、「準必須アミノ酸」と呼ばれる栄養素になります。

運動やトレーニングの後にはグルタミンを補給することが推奨されているが、これはグルタミンが運動後の免疫抑制を軽減したり、グリコーゲンの回復を促進する効果が報告されているためである[3]

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

上記のように、運動後に免疫が低下するのを軽減してくれたり、グリコーゲン回復を促進してくれたり、回復・ケア系のサプリメントになりますね!

運動後の免疫抑制に関しては、簡単にではありますがコチラに書いてます↓↓

筋トレすると、風邪をひきやすくなる?
筋トレすると、風邪をひきやすくなる?かかりやすくなった気がする…と言う方、それは「オープンウィンドウ」のせいかもしれません!その影響から、対策までを書いていきます。

筋トレで使えるサプリメント【グルタミン】はどのタイミングで飲む?

グルタミンの飲むタイミング・使い方ですが、基本的な使うタイミングとしては、
【トレーニング後】となります。

上記でもあるように運動後の免疫抑制に加え、トレーニング後の筋分解作用を抑制してくれる為、
このタイミングが最も有効なんですね。
加えて筋肉合成の手助けもしてくれますので、ハードにトレーニングする方は多めにとっても良いかと。

量としては体重の軽い男性や女性では1回5g、体重のある男性で10g程度が目安のようです。

ハードなトレーニングが続いている方は、トレーニング後のプロテイン等と一緒に飲むと、
翌日のトレーニングに疲労を残しづらく、またトレーニング後の免疫低下による風邪の予防にもなって良いかと思います!

風邪を引きそうな時もグルタミンの摂取で予防出来る?!

「ちょっと周りに風邪を引いている人が多い…」という時など、
風邪を移されそうな危うい時はグルタミンを多めに取っておけば、風邪を予防する力も高くなってくれます!
量としてはいつもより多めに、10〜20g程度摂るパターンが多い様です。

ボディビルダーの間では風邪薬代わりに使われるとも言われるグルタミン…。
僕も娘がインフルエンザにかかった時期は多量摂取します!
効いているのかは分かりませんが、今の所はインフルエンザが移った事はありませんw

余裕があれば、常備しておきたいサプリですね!

腸の機能を手助けしてくれる効果もあるグルタミン。

腸のエネルギーとして吸収されやすい効果を持つグルタミン。

腸の機能を高める事により、

  • たんぱく質吸収のサポート
  • 腸を整えて下痢などの抑制をしてくれる

等にも一役買ってくれます。

特に疲労が激しい時の食事、たんぱく質摂取の際にも少しプラスして摂取してあげると良さそうですね!

筋トレ後のグリコーゲンの回復にも役立ってくれる。

特に筋トレで消費される筋グリコーゲンを中心に、肝臓や筋肉内に蓄えられて、
主に無酸素トレーニング(筋トレ)で消費されるグリコーゲンですが、

コチラの回復もグルタミンは助けてくれます!

グリコーゲンの現象で疲労が溜まっている時、炭水化物と共にグルタミンも摂取すると、
疲労の回復、及びエネルギーの回復にも役立ってくれるでしょう!

筋トレ後に大事な回復をサポートしてくれる「グルタミン」

 

California Gold Nutrition, L-グルタミンパウダー、AjiPure(アジピュア)、グルテンフリー、454g(16oz)

筋トレを継続的に行い、結果を出していく為には、

  • トレーニングの強度
  • 三大栄養素などのしっかりとした摂取

の他に、

  • 体の回復

も重要な要素となってきます。

これを促進してくれるグルタミン、他にも風邪予防など様々なケアに役立ってくれますので、
余裕のある方は是非「常備サプリ」として検討してみてください!

 

タイトルとURLをコピーしました